読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るんるんしたい♡!

最近、宝塚にハマって大変。

宝塚を好きになったきっかけ

いま私、自由業のようなフリーターのようなニートのような世間体ではカテゴライズしにくい位置に属しているんですけど(一応在宅で稼いではいるのですが)、将来的には『言葉』で人を元気付けられるお仕事をしたいなぁって思ってるんです。

一応、記事執筆とかはやってたのである程度まとめたりとかは出来るんですけど、自分の考え、自分発信のものを文章にするのが本当に下手くそすぎる!!

ということでとりあえず書きたいことを書く練習をしたくて、色々自由に書こうと思っています。

なにか書いていくことでゴールは分からないけど、人にも自分にも何か与えられるようになれたらいいなぁって思います(*^^*)

 

ということで最近の私の生活にだいぶのめり込んで来ている宝塚!!!(笑)

を好きになったきっかけでも書こうかなー(´・ω・`)

 

 

みなさんきっかけって色々あると思うんですけど、私は宝塚とは無縁な生活を送っていました。

よくよく思い出してみると、母が好きな時期があってCSを契約してたときがあったり、今となっては母に色々と聞けるのですが、その好きだった時期に強要された覚えもなく、母が映像を見ていた記憶もあまりなくて(多分そのとき自分が家にあまり居なかっただけ)、公演を観に行ってたのも知っていたのですが、ふーんみたいなw

 

今は母が好きだった人が既に退団されているので、私と興味が逆転状態になってしまっているのですが、自分も気付いたら好きでDNAには抗えないのかなぁと(笑)

 

そもそも私、舞台とかミュージカルを観るとワクワクしていて、映画も基本ミュージカルのを観るし、和物の舞台も特に好きで(日本人ならではの心情とかが切なくて)、劇団四季も結構観に行ったし、歌舞伎とかも行ってました。

演技の学校に行っていたのもあって、そのときの友達とかが出演しているものとかも誘われて観に行ったりするんですが、毎回話を自分なりに掘り下げて気付いたら2日経ってたとかってくらい、インプットした後に自分なりに考えるのが大好きでした。詳しいとかは別として、エンターテイメントは自分にとって切り離せない存在でしたね。

 

そんな私なんですが、宝塚は知っていたものの、なんでか観ようと思ったことすらなかったというか無関心でしたw多分、お化粧とかが苦手だったのかなー?いや本当にそもそも興味がなくて考えたこともなかったかもしれないですww

 

じゃなんでそんな私が宝塚というに入ってしまったかというと…

 

 

 

ミュージカルや舞台好きと言いつつも、自分が観たいと思ったときに観るくらいで、シェイクスピア作品にきちんと触れたことがなかったんですよね。なんかそれがちょっと恥ずかしくて、読んでみようってなったんですよ。

 

で、ロミオとジュリエットの本を買ってみたはいいものの、なんかあれって普通の小説とは違うじゃないですか。戯曲というか台本のような感じで。

1回頑張って読もうと思ったんですけど横文字の名前も苦手で、この登場人物ってキャピュレット家とモンタギュー家どっちだったっけ?って毎回なっててついに、あーーーーー面倒くさっ!!!!!てなり挫折したんですwwwww←そもそも本があまり好きじゃない

 

こりゃダメだとおもって、TSUTAYAに行って先に映像を観ようと。

でも現代版のロミオとジュリエットしかなくて、ウエストサイド物語借りるのもなんか違うよな〜ってなり、その場に居た母に

「宝塚にロミオとジュリエットあるよ〜^^ちょっとは参考になるんじゃない〜?」

って言われて、あぁそうなんだそれならちょっと観てみようかなって感じでした。

多分このときはそういえば母って宝塚好きだったけ〜くらいの認識w

 

それで家に帰ってDVDで観たんですけど、柚希礼音さん主演の星組ですね。

そのときはお話理解するために観ていたので、ふんふんふんふんって感じで観てました。

よくある皆さん、観た瞬間に衝撃を受けてそれから色んな作品を貪るように観たっていう急ピッチな感じではなく、あーティボルト(凰稀かなめさん)素敵だなぁとか、死の人(真風涼帆さん)かっこいいなーって感じでだいぶ冷静でした(笑)

 

それから「雨に唄えば」大好きなので、聞いたら宝塚にあるよ!って母が言うんで、

おそらく色んな作品を月に1回くらいペースで冷静に(←これ重要!!w)観てました。

今思えば、やんわりと母に布教されてましたねw

多分母が残していたものを中心に観ていたので、宙組星組真飛聖さん時代の花組を中心に観ていたと思います。

作品ありきで楽しんでいたので、レビューって面白いの?^^;みたいな。

 

っていうところから、一度海外に居たので全く宝塚に触れない生活になったのですが、日本に帰ってきてから暇だったんですよね。暇で暇でしょうがなかったとき、また宝塚観ようって思い始め観てみたら、どんどんタカラジェンヌさんの名前も覚えていって、あれ…?!なんかすごいハマってるって状態だったんです\(^o^)/

 

雷のような衝撃はなく、気付いたらどんどん沼に浸かっていったタイプなのですが、やっぱりどっちのタイプでも受け入れてくれるこのは、素晴らしいと思いますww

 

好きな人が出来始めると、レビューも楽しくなってきて当たり前ですよね(=o=;)笑

初めて観たレビューが凰稀かなめさんのシトラスの風Ⅱなのですが、明日へのエナジーの学ランのときみたいな衣装のとき、後ろ向きながらボタンを締め直す男役さんたちがかっこよすぎて、何回も巻き戻して観た覚えがありますww

 

ということで暇だった私の生活に入り込んできた宝塚さんですが、

私は何が好きってこの儚さ✨が好きです。

 

ざっくりときっかけはこんな感じ(笑)

みなさんの好きになったきっかけも気になりますねー\(^o^)/

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団 ブログランキングへ